トップ >> ACCU奈良の活動 >> 国際会議

国際会議

文化遺産保護に関わる国内外の研究者、専門家、行政担当者が一堂に会し討議する国際会議を開催しています。国際会議は次のことを目的としています。

  • 世界遺産をはじめ文化遺産の保護に関する専門的な研究を推進
  • 国際会議の開催を通じて人々の文化遺産保護意識を啓発
  • 情報や意見の交換の場を提供し、文化遺産保護に関する情報ネットワークの構築に貢献
国際会議開催状況
開催年月 テーマ等
2000年2-3月 アジア太平洋地域文化遺産保護協力事業諮問会議
2002年2月 木造建造物の保存と修復
2002年3月 文化遺産保護関連データベース構築専門家会議
2003年3月 巨石文化を考える
2004年1月 庭園とそれをとりまく自然
2004年10月 有形文化遺産と無形文化遺産の保護―統合的アプローチをめざして−
2006年1月 近代の文化遺産を考える ―鉄道遺産の保存と活用―
2007年1-2月 文化遺産の危機管理T−今、世界の文化遺産は大丈夫か−
2008年1月 文化遺産の危機管理U−自然災害への備えを考える−
2009年1月 文化遺産の危機管理V−歴史都市の防災を考える−
2010年1月 文化遺産保護と人材養成
2011年1月 伝統技術の継承と人材養成−建造物修理における法制度と木工−
2011年12月 伝統技術の継承と人材養成−石とレンガの修理技術−
2012年11月 伝統技術の継承と人材養成−装飾:彩色・塗装を中心に−
2013年12月 木造建造物の保存理念を再考する−修理手法と保存の理念−
2014年12月 木造建造物の保存理念を再考する−木造建造物のある文化的景観と地域社会−
2015年12月 木造建造物の保存理念を再考する−アジアの木造建造物の価値の所在と真実性概念−
2016年12月 アジア太平洋地域における文化遺産保護人材養成の実情と課題
国際会議国際会議

▲ページトップへ